SNSサイトで恋活?

2013-09-20

SNSは、大きく分けて2種類のコンテンツに分類されます。一つ目は、占いたゲームのようなエンターテイメント目的のコンテンツで、もう一つは、自己プロフィールや日記(ブログ)を公開するというような、コミュニケーション目的のコンテンツです。最近、会員数を爆発的に伸ばしている大規模なSNSは、こちらのタイプが主流です。
今回は、このコミュニケーションツールの機能に注目してみたいと思います。大手のSNSの大半は、会員を集めるための宣伝広告として、ゲームや占い等のエンターテイメント系のコンテンツを前面に打ち出していますが、合わせてコミュニケーションツールとしての機能も装備していることがほとんどです。
SNSの中で、インターネットの黎明期から存在しているものとしては、いわゆる出会い系サイトがあります。これは、文字通り人と人(主に異性間)の出会いを目的として、宣伝や広告の活動が実施されています。この違いが2つの重要な相違点と言えます。
ですので、SNSは、出会い系サイトに比べると会員数が短期間に激増することが多いようです。出会い系サイトに比べると、年齢層や職業の幅も広いということも起因しているのかもしれません。そのコミュニケーション機能の充実もめざましい物があります。
こういうSNSを通して、全国各地でいわゆるオフ会も盛んに開催されているようですし、SNSでのコミュニケーションから、恋愛に発展したと言う例も増えてきているようです。
SNSを活用して「恋活」、つまり恋愛活動を行うというよりは、結果として恋愛関係に発展するという可能性は充分考えられると思います。

関連記事